スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お世話になりました♪の会
久しぶりの日記です。
この姐達は、退職が決まってから復活させたので、なんとなく退職ネタが多かったですよね。
そして、退職してしまったので、なんとなくネタ切れな気分でした。
(っつーか、わんこブログに夢中でした 笑)

でも、退職ネタの〆として書きたいことがありました。
それは、姐が働いていた会社の社長とお食事をしてきたからです~。

S社長は困った人です(笑)
いわゆる“社長という人種”なのです。怒鳴る、切れる、せっかち・・・でもでも、姐は好きでした。
なんだか憎めないというか・・・本当はそういう人じゃないんじゃないかっていうのが拭えなくて。
続きを読む
スポンサーサイト
【2010/03/12 09:57】 | Retirement Story | コメント(0) | page top↑
一週間が過ぎました
会社を辞めてから一週間が経ちました。
あっという間のような、随分と遠い昔のことのような・・・

この一週間は、極めて「ぐうたら」な日々でした(笑)
目覚ましをかけないで寝る快感を味わい、火曜日と木曜日にはそれぞれ取引先だった会社さんが送別会をやってくれ、2日とも翌日は二日酔い^^ゞ 気を抜いて飲むっていうことの恐ろしさ。

張り切っていた役所手続きも、離職票が届いたのが木曜日ってことで、ようやく今日、国民年金の手続きだけ終わらせましたー。


ってな感じで、まだ生活のリズムがつかめず(ってかリズムもへったくれもないような生活でしたが)、会社勤めとはまた別な疲れを感じております。


この週末は、今年初のダイビングへ!
怖いので水温は確認していません・・・・もちろん、ロクハンです。
10月に買ったまま一度も使っていないクローズアップレンズでマクロってきます!!

真夏も連れて行くので楽しみっ♪♪
【2010/01/29 23:39】 | Retirement Story | コメント(2) | page top↑
あと2日になりました
いよいよあと2日となりました。
もっと寂しい・・・ものかと思ったけれど、正直な気持ちは、もうこの2日も休みたいくらいで全く感傷的になっていないのです。引継ぎも一応メドが立ち、後は後任Yさんが色々経験して覚えてもらしかないかな、というところ。
まぁ、彼女にとっては色々と不安もあると思うけど、私にはどうもしてあげられないし。。。

昨日、部長とYさんとを含んで部内の定例会がありました。その後、Yさんが言いました。「部長っていつもあんな感じ?それとも○○(姐)さんが抜けるからって張り切ってるのかしら??」・・・よくぞ気づいてくれました!!!「ううん。いつもあんな。」「当たり前のことをいかにも俺が教えてやるーみたいに熱弁されてもねぇ・・・」「そうなのよ。モチベーション下がるでしょう?」なんて。

彼女はとっても洞察力が高く、話が早くてやりやすいのでした(笑)

うーん、そんな事もあったからか、ほんとにさっさと辞めたいと思っている姐です。
何だか、姐ってこんなに薄情だったか???と自分でも思うくらいに、ドライな自分がいます。


*****


先週から送別会という名の飲み会が続き、間に新年会があったり、そしてフリッパーの練習もあって、更に今日、明日も飲み会があり、会社を辞めた後の来週以降も取引先が開いてくれる送別会が2つ。なんだかんだと1月中は、疲れた体を休めちゃー飲みに行くという生活になりそう。

でも、こうやって会社の看板をしょっていたからこその先方の申し出も、二度とないことだろうから素直に受けて懐かしい話でもしてこようと思います。

自分の新しい生活は、2月からかな♪ということで、ここまで来たのだから焦らずのんびりすすみます。

んが、風邪っぽい&カラオケやりすぎで喉痛い(笑)来週までもつのか姐!!?
【2010/01/21 08:30】 | Retirement Story | コメント(6) | page top↑
送別会での課題・・・
今日は姐の送別会と、後任Yさんの歓迎会です。
19:00スタートなので、まだ皆、仕事をしています。姐はと言うと・・・さっきまで、最後の挨拶を考えていました(笑)

知っている人は知っている!!と思いますが、実は注目を浴びてしゃべるのが大の苦手。伝えたいことは沢山あるのに、注目されるとアワアワアワッとなってしまうのです。今日は30人位の人が集まってくれるのですが、やっぱりきっと挨拶もちゃんとできないだろうと思って、ツラツラと原稿を作ってみました。

・・・が、ほら、書き始めると長いから(笑)
何だか書いてみたことで満足しちゃって(挨拶した気になっちゃって)、言わなくてもいいかな~みたいな気分になってきちゃいました。

3時間飲み放題のイタリアン。自ら選んだ、生ビールから赤ワインから焼酎からハイボールまであるお店で、最後に挨拶、ちゃんと出来るのでしょうか???


もしかしたら、誰にも伝えられないまま終るかもしれないので、ここに記しておきます(笑)


===

私は、ちょうど20年前の4月に社会人になりました。
それから20年、色々なことがあったし、時代も変わったなぁ~と思いますが、こうして第一線でのサラリーマンを退くとなってから振り返ると、とてもいい経験を沢山させてもらったと出会った人全てに感謝の思いです。

20年前に一般職の事務として入社した私は、その会社で初めて一般職から総合職へ転向することになりました。その頃の私は、若いこともありちょっと大げさに「社会で働く女性達の歴史を作りたい」なんて思っていました。
けれど、実際はそう格好いいわけではなく、男性社員7名の中に女一人、後輩は4年間出来ませんでした。なので、佐川急便の受付やお茶くみはもちろん、当時は煙草を吸う先輩達の灰皿も洗っていました。仕事は山ほどあったし、今思っても一番働いていた頃かもしれません。取引先のおじさんに「女の子じゃ話にならないんだよね。男性社員いないの?」と言われたこともありました。


そんな時代でしたが、一人の男の先輩が言ってくれたことがその後の私の座右の銘になりました。その先輩は、眼が合うと飲みに連れて行くような先輩でしたが、かならずご馳走してくれて、私が払おうとするとこう言うのです。

「俺もそうしてもらってきたら。俺におごってもらった分は、オマエに後輩が出来た時におごってやればいい。おごれるくらいになれよ」

もしかしたら、この中にもこの話を聞いたのは何度目かという人がいるかもしれませんね。私は、いつかそんな先輩みたいになろう、といつも思ってきました。

その会社での後半は、海外出張にも行かせてもらい、オマエが正しいと思うことを全力でやれ、と言ってくれる上司のもと、仕事の醍醐味と充実感を覚えました。残業ばかりの辛い時期を、いつも笑わせてくれる先輩から、楽しんで仕事をやることと不真面目に仕事をやることの違いを教えてもらいました。
私の社会人としての基礎は、その会社にいた間に作られたと思っています。



xxxxxに移ってからは、後輩におごるどころか、会社の立上げに忙しく自分が一体何をやってるかもわからない時期もありました。それも、会社の成長と共にいつの間にか自分も成長し、先輩と約束したことも果たせるようになりました。

この先、今この場で遠い昔にお世話になった先輩の話をしている私のように、いつかどこかで誰かが私に教えてもらったことを酒の肴にしてくれたら、そんなに嬉しいことはありません。

今、私はxxxxxを辞めるというよりは、自分の中では自分が先輩に教えてもらって嬉しかったことを次の世代に伝えていく役目を終えて、20年のサラリーマン生活から卒業するという感じです。もしかしたら、自己満足かもしれませんが、私に出来ることはやり遂げたという感じがしています。
それは、私と一緒に働いてくれた人、私についてきてくれた人達のお陰に他なりません。心から感謝いたします。

これからは、慣れ親しんだサラリーマン生活から離れ、どういう人生が待っているのかわかりませんが、また、新しい出会いや学びの中で人生後半戦、楽しみながら自分を成長させていきたいと思っています。

今まで本当にありがとうございました。


・・・とちょっとしんみりしましたが、来週も会社に来るのでよろしくお願いします!

===

まずとりあえず・・・長すぎじゃね?やっぱり(笑)


13年前に前の会社を辞める時、結局皆の前でワンワン泣いて何も言えなかった姐。
果たして成長しているのでしょうか^^ゞ
【2010/01/15 18:07】 | Retirement Story | コメント(0) | page top↑
感激しました・・・
この前の特上すき焼きの会をセッティングしてくれた会社に、後任Yさんと一緒に最後の挨拶に行ってきました。
先週の会には、後任Yさんはいなかったので、改めてのご紹介という感じで。
でも、今日のご挨拶の相手も特上すき焼きの会のメンバーと同じだったので、ご挨拶もしつこくならないよう(^^ゞ)後任Yさんを主役に・・・という思いで行ってきました。

案の定、何だかちょっと間の抜けた感じで、30分もしないうちに終了。
実はその中のKさんとは退職後に姐の会社の別のメンバーとも飲む約束があったりで、これで終わり、という感じもあるような無いような・・・そんな時間でした。

さて、失礼します、、、という所で、あのNさんがいつの間にか部屋を出て行っていて、戻ってくると・・・なんと花束が!!!

100112_213157.jpg

いや、マジでびっくりしました・・・。
そして、素直に感動しました。また、このお花のカラーリングが姐風ではなく、とってもNさんぽかったのでそれが尚更ほほ笑ましく、一瞬言葉が出ませんでした。

気を利かせたYさんがカメラがあれば・・・と言ってくれたのですが、なんと、姐がカメラを持っていて(笑)
皆で記念撮影をしてくれました。かなり照れくさかったけど、きっとサラリーマンだった頃の思い出として大切な写真になるだろうな♪

部屋のグリーンコーナーに飾ってみると、淡いカラーがとっても華やかで“たまにはこんなベビーな色もいいもんだ♪”と、(軽く部屋全体からは違和感がありつつも)さっきから眺めています。
100112_213740.jpg


寒い雨の中、その取引先のビルを出たところでYさんが言いました。

「何もなければ、ちょっとひっかけて帰りますか?」
「ひっかけましょ、ひっかけましょ♪」

とアラフォーの女子2人で新宿三丁目を散策し、小洒落たワインバーへ。ワインを4杯ずつ飲んでいろんな話をしました。会社に以前からこうやって同じ目線で話が出来る同僚がいれば、彼女も前職を辞めなかったし姐も辞めなかったかも、なんて話をしたりして。
そんなワインバーを出たのは、まだ8時前。アラフォーの女子2人、何となくこのまま帰るのも・・・てことで、スタバでお茶。お酒を飲んだ後にお茶・・・なんて、ラーメン屋こそあれど初めてじゃなかろか?(笑)
窓際のカウンターで雨が降る新宿の景色を見ながら、のんびり。楽しかった!!

さて帰ろうと思ったら、うちに花瓶が無いことに気づき、マルイのAoyama Flower Marketでガラスの花瓶を購入。
Yさんも何本かバラを買っていました。「付き合ってくれてありがとねー♪」なんて言っていると、なんとYさんが「これ、どうぞ」と姐のためにバラを!!!
100112_213855.jpg

なんて素敵な人なのでしょう♪ココロをつかむのが上手です。
姐より少しだけ年下なのだけど、「彼女が上司だったら・・・」と、さっきまでは「同僚」だったのに、「上司」に変わりました(笑)

ドライフラワーにして大切に取っておこうと思います。


*****


明日は、また別の取引先が送別会を開いてくれるとのことで、飲んできます^^ゞ
業務というバックヤード部門にいたからか、なかなか主役になるのは苦手です。
でも素直に感謝の気持ちで飲んだくれてこようと思います!!!ほほほー
【2010/01/12 22:46】 | Retirement Story | コメント(5) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。