スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
姐旅 ~伊豆大島~
Ohshima1-5.jpg
Olympus μ-40 Digital @ 2008/4 Izu Ohshima Island (Miharayama)

「旅」をしてきました。

ダイビングはもちろん、温泉旅行、雪山スキー、傷心旅行に新婚旅行からフルムーンまで、“旅”の目的は沢山あるけれど、どんなタイトルもつけられない、シンプルな「旅」。

1泊という限られた時間を、“絶対コレをやる!”なんて何も決めずに過ごす。
時計を見たのは、東京を出る船の中と、帰りの船を気にする時だけ。
そんな時間だった。

そこには明らかにこの島特有の、島時間が流れていた。


Ohshima1-4.jpg
Olympus μ-40 Digital @ 2008/4 Izu Ohshima Island (Secret Beach)

いい大人達が、火山の噴火で作られた迷路のような浜への道を小走りに進む。

「ほぉ~ら!」   「わぁ~!!」   「すごぉ~い!!」

はしゃいでビーチを歩き、やがて無口になってそれぞれの時間を過ごす。

風の音と波の音。
心の声。

Ohshima1-2.jpg
Olympus μ-40 Digital @ 2008/4 Izu Ohshima Island (Miharayama Urasabaku)

日本で砂漠と名の付く場所は、この大島・三原山にある“裏砂漠”というところだけだそうです。
噴火によって作られたその砂漠は、広く、黒く、海とはまた違った地球の力と大きさを見せ付けられる場所でした。

枝で出来た杖を片手に高山植物を見ながら山を降りてくると、、、、
今しか取れない明日葉の新芽で天ぷらを作っている民宿のオーナーが。

「是非、食べていってください」

伊豆大島島人もなかなかステキ(笑)

Ohshima1-3.jpg
Olympus μ-40 Digital @ 2008/4 Izu Ohshima Island (Ashitaba Tempra)


伊豆大島に8回?9回?も行ったことがありながら、何も知らなかった姐。
縁が縁を呼んで、これからは姐にとって大切な島になりそうな予感。


海はもちろん、陸も人もとてもステキな島、伊豆大島の旅でした♪
【2008/04/20 18:00】 | OLYMPUS μ-40 Digital | コメント(0) | page top↑
<<伊豆大島のお土産☆MarineGlass | ホーム | 大切な思い出を形に・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。