スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Moon.jpg
PentaxSFX Auto + 400mm Zoom @ 2007/7 Hakone

『夏の空に流れる星は さわぐ胸をかすめて消えた
 波の音に哀しみを知り 白い砂に涙がにじむ
 罪深き風が肌を萌やす季節 酔いながら人は抱かれてみたい』

桑田さんのソロ 「月」 です。

ずっと以前、ひとまわり近く下のオトコノコと飲みに行った時、カラオケでこの曲を歌うと言うそのコに、姐は言った。

「まだ早いよ。君には無理だなぁ・・・」



この曲が発売された1994年。
姐は少しだけ背伸びをした恋愛をしていた。

この曲の「君と寝ました 他人のままで 惚れていました」という歌詞の意味がわかるようでわからなかったあの頃。


今は、その歌詞の意味も、酔いながら抱かれてみたい気持ちも・・・
月を見てると、不思議とわかる気がする姐です。



※「この写真気に入った!」と思ってくれたら、拍手をポチッと♪
【2007/10/17 00:37】 | PENTAX SFX | コメント(0) | page top↑
<<銅像の背中に哀愁 | ホーム | 無人島のMarineGlass>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。